MACもWindowsもウイルス対策万全

MACだってセキュリティソフトが必要!

「MACは仕様が公開されていないから安全だ」なんて勘違いは相当危険です。確かにウイルスの感染割合を見るとWindowsが圧倒的です。しかしだからといってMACが安全だという理由にはなりません。ブラウザ経由でSNSアカウントを乗っ取られたり、フィッシング詐欺に遭う可能性だってあります。もちろんMAC専用のウイルスだって数多く存在しています。MAC BookAirやMAC BookProを大切に思うなら、必ずセキュリティソフトをインストールしておくべきです。

しかしMACに対応しているセキュリティソフトなんてあるのでしょうか。調べてみたところセキュリティソフトにMAC版がありました。Windowsと比較しても機能に違いはありません。知らないうちにパスワードやクレジットカードの情報が盗まれていたなんて事態を防いでくれます。また、MACも使い続けていると重くなるのですが、そういった原因をESETが取り除いてくれます。そういう意味ではウイルス対策ソフト以上の価値がありますね。

ESETセキュリティソフトをおすすめする理由のひとつに「AV-Comparativesテスト」があります。オーストラリアのセキュリティ研究機関が、世界中のウイルス対策ソフトを比較してランク付けをしているのです。ESETはなんと最高評価のADVANCED+という評価を最多受賞しています。同様に他の研究機関でもウイルス検出率100%を証明するなど世界中から認められたセキュリティソフトなので、ESETをMACにインストールしておけば安心できますね。

Windows版のウイルス対策ソフトをお探しなら、セキュリティソフト比較.netのランキングを参考にしてください。こちらはウイルスバスター、ノートン、マカフィーの機能や価格を比較しています。どうやら2013年、人気があるのはウイルスバスタークラウドみたいですね。